過払い金返還請求

利息制限法を超えた金利で支払いを行っていた場合、払い過ぎていた利息分を取り戻すことができます。

一般的に過払い金返還請求と呼ばれるものです。

消費者金融はだいたいがグレーゾーンと呼ばれる利息制限法の限度を超えた金利で、出資法で定められた29.2%以下での利息を定めているため、長期で支払いを行っている人が元本を超えた場合、請求することが可能です。

過払い金返還請求は、請求すればかなり高い確率でお金が戻ってくるので、長期間返済している人、していた人には有効です。

グレーゾーン金利とは

消費者金融が設定している利息はグレーゾーンと呼ばれているものです。
消費者金融からお金を借りる場合、必ずこのグレーゾーンという問題につきあたります。

まず「利息制限法」という法律が存在します。
これは例えば、貸付額が10万円以上100万円以下の場合、利息を18%以上にしてはいけないという、利息の制限です。
この利息制限法を超えた利息の約束、支払いを行うと、民事では違法となります。

利息制限法しかなければ、何も問題はないのですが、利息にかかわる法律として「出資法」が存在するのです。

「出資法」で定められている刑罰金利というのが29.2%とされています。

この「利息制限法」と「出資法」の2つの利息制限のギャップを「グレーゾーン」と呼ぶのです。

つまり利息制限法で違法となったとしても、民事上の法律違反でしかないので、怖くはないのです。
出資法で定める29.2%を超えなければ刑罰の対象にはならないため、消費者金融のほとんどがこのグレーゾーンで営業しているのが現実です。

取引履歴と利息制限法に引き直させた計算書をもらう

貸金業者から、これまでの「取引履歴(借金と返済の履歴)と利息制限法に引き直した計算書(取引履歴と計算書は同じ書類に一体となっていることがほとんどです)」をもらい、よく内容を確認します。

借入回数が何回もあるのが普通です。
ですから、その借り入れごとに、「借入金が10万円以下であれば年率20%まで、10万円を超えて100万円未満までなら年率18%まで、100万円を超えるときは年率15%まで」という利息制限法の利率を掛けて支払うべき利息が正しく計算されているかを確認します。

弁護士・認定司法書士に相談する