カードによる買物や借入が増え支払不能になってしまった

分割支払の交渉がまとまらなければ、給与所得者等再生か破産の申立てを考えてください。

分割支払の交渉を

まず、分割支払を認めてもらえるようカード会社や消費者金融業者と交渉してみましょう(当然、利息制限法の利率を超えているケースでは、利息の引き直し計算をして、元本の減額の主張ができます)。

分割払の回数は、大体60回以内と思ってください。

その場合、今後については利息をつけないで、元金だけを支払うことで交渉するのが一般的です

一括して話をつけること

複数の債権者がいる場合、ある債権者とは分割払いの話し合いがついたが、他の債権者とは話し合いがつかないということが起きないように注意してください。

話のつかなかった債権者から取立ての訴訟などを起こされると、全体の返済計画が狂ってしまい、話のついた債権者に対しても結局支払ができなくなる可能性があるからです。

したがって、全債権者とお間で、実行可能な分割支払案について承認が得られる見通しがついたところで、債権者に分割支払を開始することが大切です

破産申立て

破産申立て、免責申立ては、あなたの住所地の地方裁判所へ申立てするのですが、裁判所の窓口へ行けば、申立書や申立ての手紙を説明した文書などが用意されていますので、本人自身でも十分に申立てができます。

もちろん、弁護士、認定司法書士に相談、依頼してもかまいませんが、同じ依頼をするのなら、分割支払の交渉の段階から依頼するのがよいでしょう。